お知らせ 一覧

  • logo

    2017/07/03
    ※こみゅっとフジサワ ページダウンロードのお知らせ

    ◆藤沢市市民電子会議室(こみゅっとフジサワ)ページのダウンロードについて◆

    いつも「こみゅっとフジサワ」をご利用いただきありがとうございます。
    藤沢市市民電子会議室運営事務局からのお知らせです。

    平成29年4月10日にお知らせした通り、「藤沢市市民電子会議室(愛称:こみゅっとフジサワ)」は平成29年9月30日をもってサイトを閉鎖いたします。
    平成29年7月3日から平成29年9月30日まで、質問ページ、及びマイページのダウンロード期間を設けております。

    ★質問ページのダウンロードボタンは、検索欄の下に設置されています。

    PDFダウンロード画面

    ★マイページのダウンロードボタンは、登録情報編集ボタンの下に設置されています。

    PDFダウンロード画面2

    市民電子会議室ご利用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

    ご不明な点がございましたら、事務局f-denen@shonanfujisawa.comまでお問い合わせください。

    【問い合わせ】
    藤沢市市民自治部市民自治推進課 TEL:0466-25-1111 内線2512
    藤沢市市民電子会議室運営事務局 TEL:080-5957-0679
    (平日午前10時~午後6時)

  • logo

    2017/06/14
    ※こみゅっとフジサワご利用の方へ新規質問投稿機能停止のお知らせ※

    ◆藤沢市市民電子会議室(こみゅっとフジサワ)の機能停止について◆

    いつも「こみゅっとフジサワ」をご利用いただきありがとうございます。
    藤沢市市民電子会議室運営事務局からのお知らせです。

    4月10日にお知らせした通り、「藤沢市市民電子会議室(愛称:こみゅっとフジサワ)」は平成29年9月30日をもってサイトを閉鎖いたします。
    6月30日に新規登録・投稿機能を停止するのに先立ち、6月16日18時に新規の質問の受付を終了いたします。

    市民電子会議室の登録者の皆さまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

    ご不明な点がございましたら、事務局f-denen@shonanfujisawa.comまでお問い合わせください。

    【問い合わせ】
    藤沢市市民自治部市民自治推進課 TEL:0466-25-1111 内線2512
    藤沢市市民電子会議室運営事務局 TEL:080-5957-0679
    (平日午前10時~午後6時)

  • logo

    2017/04/10
    ※こみゅっとフジサワご利用の方へ重要なお知らせ※

    ◆藤沢市市民電子会議室(こみゅっとフジサワ)の事業終了について◆

    いつも「こみゅっとフジサワ」をご利用いただきありがとうございます。
    藤沢市市民電子会議室運営事務局からのお知らせです。

    平成9年からインターネットを活用した市民提案システム及びネットワーク・コミュニティ形成ツールとして「藤沢市市民電子会議室(愛称:こみゅっとフジサワ)」を運営しておりますが、この度、多様化するSNSの普及による発言数の低迷などにより、ネットワーク・コミュニティ形成ツールとしての役割を果たしたとして、平成29年9月30日をもって、サイトを閉鎖いたします。
    また、平成29年6月30日に新規登録、及び投稿機能を停止いたします。その後7月3日から9月30日の間、今までの質問や回答をダウンロードできる期間を設けますので、必要な情報は保存をお願いいたします。

    藤沢市市民電子会議室を長い間、ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
    市民電子会議室の登録者の皆さまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
    市民提案システムにつきましては何らかの形で継続していけるよう、模索をしていく所存です。
    ご不明な点がございましたら、事務局f-denen@shonanfujisawa.comまでお問い合わせください。

    【問い合わせ】
    藤沢市市民自治部市民自治推進課 TEL:0466-25-1111 内線2512
    藤沢市市民電子会議室運営事務局 TEL:080-5957-0679
    (平日午前10時~午後6時)

  • hara1

    2017/04/07
    平成28年度第3回ミートアップ藤沢 ワーク結果を公開します!

    平成28年度第3回ミートアップ藤沢の、ワーク結果を公開します!

    実施報告(こちらからご覧いただけます)でお伝えしましたとおり、今回はNPO法人西湘をあそぶ会の原 大祐さんをお呼びして、舞台である大磯町の背景やご自身の手がけてきた事例をもとに、まちづくりやそれに関わる事業の進め方などをお話いただきました。

    当日実施したワークでは、参加者の皆様が「なるほど!」と思ったことや「もっと知りたい!」と感じたことを共有しました。 使用した模造紙は3つの部分に分け、左上に「なるほど!」と思った内容を、黄色いふせんに。右上に「もっと知りたい!」と感じた内容を青いふせんに記入して貼り付け、改めてグループ内で原さんへの質問を考え、模造紙の下側に記入しました。 各グループ一つずつ、記入した質問から選んで、原さんから回答をいただきました。

    今回、現実の場、ミートアップ藤沢で人が集ってできたQ&Aを、こみゅっとフジサワをご覧の皆様が見慣れた形でご紹介します。

    Q代表の右腕はいますか?

    解決済み グループAさん

    投稿:2017/03/25  締切:2017/3/25

    _DSC4765

    代表の右腕となるリーダーは何人いますか?

     

    face twitter hatebu

    A

    原 大祐さん

    投稿:2017/03/25

    No.1

    実はいないので課題になっています。プロジェクトごとに手伝ってくれる人がいます。 NPOとして一緒にやっている人もいるが、構想を共有して一緒にやっている人物は居ないので、自分の中での課題です。

     

    グループAさん

    No.2  > No.1へのコメント

    自分で頭の中で企画したものを投げていくような進め方ですか?

     

    原 大祐さん

    No.3  > No.2へのコメント

    そうです。 ほとんど一人でやっていて、プロジェクトごとに人が居ます。あとはなるべく手間がかからないよう、少ない人数でやっていて、いくつもやっても同時並行でできる作業量にしています。

     

    Q第1回からの変化をお聞きしたい

    解決済み グループBさん

    投稿:2017/03/25  締切:2017/3/25

    _DSC4764

    第1回からの変化をお聞きしたいです。 店舗をどのように増やしていったかとか、来場者・出店者の地域性がどのように変わっていったのでしょうか。

    face twitter hatebu

    A

    原 大祐さん

    投稿:2017/03/25

    No.1

    実当初19店舗で、4ヶ月で100店舗くらいです。
    当初の19店舗は、自分の周りに居る面白そうな人に声をかけました。彼らのお客さんの口コミと、彼らと仲良くなりたいという出店者さんが増えていきました。
    当初は関係者が買いあっておわったみたいな感じでしたが、出店者も出ると楽しい、自分も楽しいから来るというスタンスになって、出店者が伸びてくる段階で来場者も伸びてきました。

    あとはチラシ等はお金がかかるので、SNSを中心にやっています。当初はtwitter、今はfacebook。朝市と連動していることもあって、夕方のニュースに「なぜか行列している朝市」としてよく取り上げられました。それもあって出店も来場も伸びました。

    ただ、1万人来たのは30分間まるまる大磯市を番組で取り上げられたときで、放映翌日が開催でした。ただ、それだけ来ると渋滞も茅ヶ崎まで続いて、問題になりました。あと、「あそこは儲かる市だ」とクオリティも下がった。翌月に、僕達はこういう理念のもとにやっているので、儲けようという市ではないと、1回クールダウンしました。そういうコントロールもしています。

    盛り上げてしまうとイベントが消費されてしまう。盛り上げすぎないように盛り上げようと考えています。

    年に1回来るようなリピーターの母数が増えたので、来場者数が安定しているのかなと思います。

     

    Q漁協とどうやって仲良くなった?

    解決済み グループCさん

    投稿:2017/03/25  締切:2017/3/25

    _DSC4767

    漁協の組合長さんと、東京から戻ってきた人がどうやって仲良くなったんですか?

    face twitter hatebu

    A

    原 大祐さん

    投稿:2017/03/25

    No.1

    実は漁協の組合長は、僕の大磯の活動のかなり重要なファクターです。

    東京に居たときに、「大磯大好き倶楽部」の人と知り合って、朝市を手伝えば漁船に乗せてくれると教わりました。それで毎月行くようになって、組合長と顔見知りになりました。

    その時、僕らの1番最初のプロジェクトでお酒を造っていたんですけど、酒粕をどうにかしてくれと酒蔵に言われていたんですが、朝市でも大量に売れない魚を捨てていた。ゴミとゴミをかけあわせて何か出来ないかという話を組合長さんとしていたら、議員が拾って、町長につながって、ある調理場を借りられないかと町長に言いに行った。そしたら、それより港に食堂を作りたいという話になりました。組合長と町長の間に入っちゃったのがきっかけでめしや大磯港を作って、それがきっかけで仲良くなって、それが大磯市につながりました。

    周辺市町村からよく来場者数とか出店者数じゃなくて、「港でやっていることがすごい」と言われます。それは、僕と漁協の組合長が仲いいだけで、めしや大磯港を作ったからということです。あとは、結構気が合ったんで。

    組合長が実行委員長をずっとやってくれているんですけど、下町も含めて、組合長がトップにいるから文句言えないということもあります。 逆に僕は、自分の職場に知らない奴1万人も集めやがってと、漁船の人からは嫌われています。商工会も観光協会も、トップと仲いいけどそれ以外は全然駄目です。

     

    Qアーティスト、高齢者、障がい者の対応はどうしてる?

    解決済み グループDさん

    投稿:2017/03/25  締切:2017/3/25

    _DSC4761

    ウチもアート関連のことをやっていますが、アーティストは変わった方が多いです。その対策とか、どんな風に接してらっしゃるか。あとは、年令の高い方や障がい者の方に何か特別にやってらっしゃいますか?

    face twitter hatebu

    A

    原 大祐さん

    投稿:2017/03/25

    No.1

    クラフト作家やアーティストの方とも、仲良くやらせてもらっています。彼らはお金よりも、面白いプロジェクトに反応するので、例えば自分達のビルを作るときにも手伝ってくれました。特に何かはやっていないので、一緒に呑むくらいです。

    あとは、あんまり制限をかけないようにしています。例えば、大磯市で流行った「大磯妻」という人形があるんですが、これが裸の人形でした。すごい人気が出たんですが、それを町長経由で「破廉恥だ、やめさせろと」言ってきた人がいました。そこは大磯市の姿勢が問われると思いました。それはアートだからそこでやめちゃうと他の人達もやめちゃうと思って、突っぱねました。大磯妻失くすなら大磯市もやらない、と。そこは彼らのやりたい環境を揃えるということはしています。

    高齢者、障がい者の対応は特に意識していませんが、大磯市で言うとPRブースがあって、学校とか市民団体向けに無料でいいから使って下さいというところです。出店者出したほうが儲かるんですが、地域の福祉事業者が出たいときはそっちを優先しています。 大磯市は若い人の市みたいに言われていますが、出店者も30代の次のボリュームゾーンが60代です。高齢者もいっぱいいて、演奏とかも高齢者向けが多かったりします。高齢者対応と言えるかは分かりませんが、世代を超えて楽しめるようになっています。

     

    Q大磯の住まいの事情を教えてください

    解決済み グループEさん

    投稿:2017/03/25  締切:2017/3/25

    _DSC4785

    早速大磯に移住したくなったんですけど、大磯の住まいの事情、住宅供給量とか家賃相場とか生活インフラ。買い物する場所だとか営業時間、スポーツ施設があるとか、その辺を教えてください。

    face twitter hatebu

    A

    原 大祐さん

    投稿:2017/03/25

    No.1

    文化住宅みたいな平屋は5・6万くらい。普通の一軒屋を借りて8万から10万くらいじゃないでしょうか。ただ、大磯のいいところは、人口が駅前に集中していて、移住してくる人は駅まで歩ける範囲に住みます。だから、駅から歩けるし商業エリアも無いので、良質な住宅環境です。徒歩4分でオーシャンビューみたいな家もある。藤沢にもあるかもしれないけど、藤沢だと東京行くのに電車で座れないが、我々は座れます。駅から歩けて座って東京に行けるので、藤沢からバス乗るくらいだったら大磯くらいまで電車できた方がいいんじゃないかと言ってます。

    あと、スーパーもありますが、小さい商店でいいお店が多いです。魚屋さんもいいところがあります。質がいいところも結構あります。 飲食店もチェーン店が少ない、チェーン店がやっていけないような場所でやっているから、わざわざ行くようなお店以外は成り立たないので、おいしいお店ばかり。ミシュラン店も3つくらいあります。

     

    Q困ったことを乗り越えたポイント

    解決済み 参加者さん

    投稿:2017/03/25  締切:2017/3/25

    困ったことを乗り越えたポイントや、今悩んでいることはありますか?

    face twitter hatebu

    A

    原 大祐さん

    投稿:2017/03/25

    No.1

    大磯市は港でやっているんですが、県の持ち物です。最初貸してはくれたんですが、広げたりすると許認可が必要になってくる。大磯町が「第4の観光の核」とされて県のバックアップを受けていたりもしましたが、かなり大変でした。 ある時、知事と僕が対談する機会があって、知事に「最後に協力して欲しいことある?」といわれて、借りられる面積含め協力してくださいといったら、翌日許認可の課長が港に来ました。

    同時に大磯でも必ずしも全員がいいと思っていない。商工会で言えば、「何で自分達の商工会員以外が儲かっているんだ」と。観光協会や議員とか役場もそうですが、ある程度の実績をあげたことで抑えられているのかなと思います。いつも問題だらけでしたが、何とか乗り越えてきました。それは小さく実績をあげていくしかないのかなと思います。

     

    参加者さん

    No.2  > No.1へのコメント

    吉田邸と城山公園の地区がいろいろやっているけれど、そことコラボレートするような予定はありますか?

     

    原 大祐さん

    No.3  > No.2へのコメント

    もちろん。アートイベントのサンデーアートウォークにも入っています。観光の委員会なんかではオール大磯でやっています。僕らの所は3万人ちょっとしかいないんですけど、大磯市が継続できた背景には、我々と上の世代でやれたというのもありますし、同時に行政は入っていないんですが漁協をトップに観光協会とかJAとか全部入っているんです。それが今まで継続できた理由かなと。食堂作るときに委員会作ったんですが、食堂の支援事業みたいな形で大磯市をねじ込んだので、オール大磯のままきているのが大きいです。

    内部的には商工会も一枚岩でなかったりしますが、実績あれば揺れない様にできる。今はもう観光協会も商工会も「(大磯市は)俺が始めた」みたいに言っていますんで、それを言わせれば勝ちだなと思っています。

  • _DSC4708

    2017/03/25
    平成28年度第3回ミートアップ藤沢を開催しました!

     

    平成29年3月25日(土)、平成28年度の第3回ミートアップ藤沢を実施しました!

    テーマは「まちを巻き込むあそびのススメ」。
    会場は藤沢駅南口「ビストロ&バル BACCAS」さんをお借りし、NPO法人西湘をあそぶ会の原 大祐さんをお招きしてお話していただきました。

    _DSC4518

    詳細な内容については、このページで追ってご報告いたします。当日のワーク結果についても、別途公開いたします。

    参加者の皆様、原さん、ありがとうございました!

    ◆イベント概要
    タイトル:平成28年度第3回ミートアップ藤沢~まちを巻き込むあそびのススメ~
    日  時: 2017年3月25日 14:00~17:00
    場  所: ビストロ&バル BACCAS (藤沢市鵠沼石上1丁目4−5 湘南ライトビル1F)
    参加者数: 28名(スタッフ・登壇者を含む)
    費  用: 1500円
    プログラム:
    ・トークセッション
    ~人と人をつなぐ「まちづくり」~
    ・グループワーク
    ・交流会

  • meetup1703

    2017/03/01
    平成28年度第3回ミートアップ藤沢~まちを巻き込むあそびのススメ~を開催します!

    平成29年3月25日(土)、今年度の第3回ミートアップ藤沢を開催します!

    今回は、大磯町を中心にまちを巻き込みながらもあそびに満ちたイベント・事業のプロデュースを行っている、原 大祐さんをお迎えしてお話をうかがいます。

    ★第3回の見所★

    原さんが始めたのは、どれもまちに元々ある環境や特産品を活かしたものばかり。
    例えば・・・

    ・新鮮な相模湾の幸を提供できる漁協直営の食堂「めしや大磯港」

    ・最大1万人以上が来場する、まちの魅力を「これでもか!」と詰め込んだ朝市「大磯市」

    ・米から酒まで!週末農業で難しいこともみんなで体験できるコミュニティ農園「大磯農園」

    ・元歯医者だった建物をリノベーションしたソーシャル雑居ビル「OISO1668」

    楽しみながらも、関わったまちの産業に活気をもたらす。そんな魅力が詰まっています。
    今回はどうやって人を巻き込んで楽しく活気ある試みを進めていくのか、その秘訣を語って頂きます。

    実際にイベント開催や特産品を作っている人だけでなく、「藤沢で暮す」ということ自体を楽しみたい!という方にも、ぜひご参加していただきたい内容になっています!

    ★イベント概要★

    タイトル:平成28年度第3回ミートアップ藤沢~まちを巻き込むあそびのススメ~
    日 時: 2017年3月25日 14:00~17:00
    場 所: ビストロ&バル BACCAS (藤沢市鵠沼石上1丁目4−5 湘南ライトビル1F)
    定 員: 40名(要事前申込み、先着順)
    費 用: 1500円
    プログラム:
    ・トークセッション
    ~人と人をつなぐ「まちづくり」~
    ・グループワーク
    ・交流会

    ★お申込み・お問合せ★

    藤沢市市民電子会議室運営事務局
    TEL:080-5957-0679 FAX:0466-54-4516
    MAIL:f-npoc@shonanfujisawa.com

    詳しくは、コチラのチラシをご覧ください。

  • eyecatch

    2016/12/10
    平成28年度第2回ミートアップ藤沢を開催しました!

    平成28年12月4日(日)、平成28年度の第2回ミートアップ藤沢を実施しました!

    テーマは「藤沢流、おもてなし」。
    会場は藤沢駅南口「SEOUL GATE」さんをお借りし、藤沢市内にある2つの大学から登壇者をお招きしました。

    まずは、多摩大学グローバルスタディーズ学部。多言語のメニューサイト「fujisawa foodies」など、藤沢市・藤沢市観光協会との三者連携から生まれた取り組みについて、実際に関わりを持つ学生のみなさんにご紹介していただきました。

    多摩大1
    はじめに、三者連携について、成立の経緯や協力事項などをご説明いただきました。
    また、三者連携調印後の多摩大学内部での動きについても触れていただきました。

    多摩大2
    次に、多言語メニュー支援サイト「fujisawa foodies(http://www.fujisawa-foodies.jp/)」について、コンセプトやメニュー作成の流れ、多摩大生の関わりなどを、利用者の方の感想も交えながらお話いただきました。

    多摩大3
    そして、多言語対応の外国人観光客向けウェブサイト、「Discover Fujisawa(http://www.discover-fujisawa.jp/)」について、工夫や広報、課題などを、実際の画像を見せながらご説明いただきました。

    多摩大4
    最後に、江の島を訪れた外国人向けのアンケート調査についてお話いただきました。江の島に来る人の情報収集手段や要望など、今後藤沢の人のおもてなしに指針を与えるような内容でした。

    実際に関わっている学生の皆様からのお話ということもあり、取り組みについての臨場感がある内容でした。
    それぞれの思い入れや、直接観光客の方に頂いた声など、聞いている側が自分の「おもてなし」の参考にしたくなるようなお話をしていただけました。

    続いて、慶應義塾大学SFC研究所イスラーム研究・ラボ代表の奥田敦教授より、神奈川県との協働で作成した「ムスリムフレンドリー・レストラン・ガイドブック神奈川」のご紹介や、ムスリムの方への理解を深めるお話をしていただきました

    慶應
    まず、イスラーム研究・ラボと神奈川県の取り組みについてご紹介いただいた後、ムスリムの訪日観光客の現状についてお話いただきました。

    慶應2
    次に、イスラム教やムスリムの方々について、メディア上での言説、直接見た現実、教典にある真実と、分かりやすく3つの見方に分けてご説明いただきました。

    慶應3
    そして、「ムスリムフレンドリー」という考え方について、ハラール認証の現状も交えてお話しいただきました。
    「ハラール」の意味や注意が必要な食品、ムスリムの方の対応を難しく感じさせている原因を、商品の写真やイメージ図を用いて解説していただきました。

    慶應4
    最後に、「ムスリムフレンドリー・レストラン・ガイドブック神奈川」のピクトグラムを例として、ムスリムの方の多様性について触れながら、ムスリムの方をどうおもてなしすればいいかについてお話いただきました。

    観光地江の島を抱える藤沢市民がムスリムの方の「おもてなし」について学ぶ機会は、今後更に重要性を増していきます。ムスリムの方への思い込みと気をつけるべきことについて、奥田教授に非常に分かりやすい内容でお伝えいただきました。

    グループワークでは、「外国の人が、突然ひどい腹痛がして、病院に行きたいと言っている」、「ムスリムの外国人観光客が、お祈りのできる場所を探している」など、グループごとに違った状況を想定して、それぞれに起こりうる困りごとやその解決策についてディスカッションしました。
    相手の立場に立つことを通じて、改めて「おもてなし」について見つめ直すことを目的にしています。
    ご登壇いただいた多摩大の皆さまや奥田教授にも参加していただき、どのグループも真剣になって取り組んでいました。
    ワーク2

    ワークについては、下記のリンクからご覧いただけます。
    Q 外国の人が突然腹痛を訴えだしたらどうしますか?
    Q 震度6の地震が起きて外国の人が困っていたらどうしますか?
    Q ムスリムの方がお祈りの場所を探していたらどうしますか?
    Q 江の島展望台に行きたがっている外国人がいたらどうしますか?
    Q ゴミの分別が分からない外国の方がいたらどうしますか?

    参加者の皆さま、多摩大学グローバルスタディーズ学部の皆さま、奥田教授、ありがとうございました!

    平成28年第2回ミートアップ藤沢
    藤沢流「おもてなし」〜食を通じて考える藤沢の外国人観光客~
    概要

    日時:2016年12月4日(日) 14:00~17:00
    場所:SEOUL GATE(藤沢市鵠沼橘1-3-16サンプラザ鵠沼橘4F)
    参加者:19名
    参加費:1000円(軽食+ワンドリンク付)

    内容

    ★プログラム
    ・トークセッション:藤沢流「おもてなし」
    多摩大学 グローバルスタディーズ学部
    慶應義塾大学SFC研究所 イスラーム研究・ラボ 奥田敦教授
    ・グループワーク
    ・交流会

    ———————————————————-

    アンケート結果は以下に記載します。(有効回答者数22名)
    Q1 このイベントを何で知りましたか。
    ・『こみゅっとフジサワ(藤沢市市民電子会議室)』  ・・・ 3名
    ・本イベントチラシ                 ・・・ 1名
    ・広報ふじさわ                  ・・・ 2名
    ・『こみゅっとフジサワ』facebook         ・・・ 5名
    ・ラジオ                     ・・・ 2名
    ・紹介                      ・・・ 8名
    ・その他(友人の紹介等)              ・・・ 2名

    Q2 参加された動機を教えて下さい。
    ・国際交流に興味があるから               ・・・ 4名
    ・観光の振興に興味があるから              ・・・ 6名
    ・ムスリムの方について知りたいから           ・・・ 3名
    ・藤沢を盛り上げたいから                ・・・ 6名
    ・友人・知人に誘われて                 ・・・ 5名
    ・いつもミートアップ藤沢に参加しているから      ・・・ 2名
    ・藤沢で新しいつながりを作りたいから         ・・・ 4名
    ・その他(イスラーム研究の方が面白いとの事で)    ・・・ 3名

    Q3 参加していかがでしたか。
    1.トークセッション(多摩大学グローバルスタディーズ学部)
    平均4.4点(5点満点、小数点第二位以下切捨て)
    理由(一部抜粋)
    ・学生が市や地域と行っている活動について知ることができた。
    ・時間があったらもっと詳しく結果をみてみたかった
    ・以前から知っていましたが、観光webサイトについて改めてチェックできたのが良かったです。
    ・素敵なプレゼンテーションでした

    2.トークセッション(慶應義塾大学SFC研究所イスラーム研究・ラボ 奥田敦教授)
    平均4.8点(5点満点、小数点第二位以下切捨て)
    理由(一部抜粋)
    ・ムスリム・ムスリマについてより興味がもて、ハラルについても意味が明らかになったので大変よかったです。
    ・先生のお話が興味深く思った。説明の理解、すっと入ってきやすかったです。
    ・知らない知識があったので勉強になった
    ・イスラームについて勉強になりました。

    3.グループワーク
    平均4.2点(5点満点、小数点第二位以下切捨て)
    理由(一部抜粋)
    ・幅広い年代の人と話せた
    ・皆さんの考えが分かって楽しかったです。
    ・私たちの班がよくあるテーマでTVとかでみるものだったので考えやすかった
    ・もう少し時間が欲しかった。

    4.全体
    平均4.4点(5点満点、小数点第二位以下切捨て)
    理由(一部抜粋)
    ・新しい交流の場としても良かったです。いろいろな意見が聞けました。
    ・個性的な方々が集っていて面白かったです
    ・ごはんがおいしかった。
    ・非常によかったが、もう少しグループワークで考える時間がほしかった。

    Q4 現在、日々のくらしの中でどんなネットサービスを使っていますか。
    (複数回答可)
    ・調べ物                                            ・・・12名
    ・メール                                            ・・・11名
    ・通信販売                                        ・・・3名
    ・質問投稿(Yahoo!知恵袋等)  ・・・4名
    ・新聞・ニュース購読      ・・・6名
    ・動画・音楽視聴        ・・・4名
    ・SNS             ・・・14名
    ・地図・乗り換え検索      ・・・8名
    ・グループウェア        ・・・3名
    ・インターネットバンキング   ・・・2名
    ・ゲーム            ・・・3名
    ・クラウドファンディング    ・・・1名
    ・その他            ・・・0名

    Q5 『こみゅっとフジサワ(藤沢市市民電子会議室)』についてお伺いします。以下から一つお選びください。
    ・ユーザー登録して、利用している       ・・・3名
    ・ユーザー登録しているが、利用はしていない  ・・・2名
    ・ ユーザー登録していないが、閲覧したことがある・・・3名
    ・ ユーザー登録も、閲覧もしたことがない    ・・・2名
    ・ 知らない                  ・・・7名

    Q6 藤沢についてや、生活の中で今疑問に思っていること、困っていることはありますか。
    ・藤沢を日本中で知ってほしい
    ・これから外国の方が増えるときの、それぞれの対応。
    ・六会日大前にスーパーを増やしてほしい。

     

  • 無題

    2016/11/22
    【12/4(日)】平成28年度第2回ミートアップ藤沢 藤沢流「おもてなし」

    平成28年度の第2回目となるミートアップ藤沢を、12月4日(日)に藤沢駅南口「SEOUL GATE」で開催します!

    今回は「藤沢流『おもてなし』」と題しまして、海外から来る観光客をどうやって「おもてなし」するか、「食」を通じて考えていきます。

    ボランティアや外国人観光客のおもてなしにご興味がありましたら、ぜひご参加ください!

    以下、今回の概要です。


    ———————————————————-
    平成28年第1回ミートアップ藤沢
    藤沢流「おもてなし」〜食を通じて考える藤沢の外国人観光客~
    概要

    日時:2016年12月4日(日) 14:00~17:00
    場所:SEOUL GATE(藤沢市鵠沼橘1-3-16サンプラザ鵠沼橘4F)
    定員:20名(要事前申込)
    参加費:1000円(軽食+ワンドリンク) ※アルコールは提供できません

    内容

    ★プログラム
    ・トークセッション:藤沢流「おもてなし」
    多摩大学 グローバルスタディーズ学部
    慶應義塾大学SFC研究所 イスラーム研究・ラボ
    ・グループワーク
    ・交流会

    ———————————————————-

    ☆お申し込み
    下記の内容を事務局メールに記載し、f-denen@shonanfujisawa.comまでお送りください。
    ・氏名(ふりがな)
    ・住所
    ・年齢
    ・電話番号
    ・緊急連絡先(携帯電話など)
    ・現在の活動(団体名等あれば)
    ・Eメールアドレス

    藤沢市市民電子会議室運営事務局
    E-mail:f-denen@shonanfujisawa.com
    URL:https://commufuji.net/
    Facebook:https://www.facebook.com/commufuji
    Twitter:https://twitter.com/commu_fuji

  • _DSC3982

    2016/08/01
    【意見募集】7/31ミートアップ藤沢 ワーク結果について

    いつもこみゅっとフジサワをご利用いただき、誠にありがとうございます。

    藤沢市市民電子会議室運営事務局です。

    7/31(日)に開催した「ミートアップ藤沢 江の島×セーリング 2020年に向けてできること」で実施したグループワークの結果を公開いたしました!

    ワークは「スポーツ」、「観光」、「環境」、「ボランティア」、「国際」のテーマごとにグループ分けを行い、それぞれのテーマに関連して、以下の内容でアイディアを出していただきました。

    Q.オリンピックに向けて、藤沢のまちがどうなったらよいと思いますか?
    Q.オリンピックに期待することはなんですか?

    以下のページで、テーブルごとに結果を公開しています。
    ・スポーツ(グループ1)
    https://commufuji.net/question/detail/359/
    ・観光(グループ2、3)
    https://commufuji.net/question/detail/360/
    https://commufuji.net/question/detail/361/
    ・環境(グループ4)
    https://commufuji.net/question/detail/362/
    ・ボランティア(グループ5、6)
    https://commufuji.net/question/detail/363/
    https://commufuji.net/question/detail/364/
    ・国際(グループ7)
    https://commufuji.net/question/detail/365/

    当日ご参加できなかった皆様も、ぜひご意見をお寄せください!
    ご参加いただいた皆様も、違うテーマについてのご意見や、終了後に考えたことなどを投稿していただければ幸いです。

    イベントは終わりましたが、2020年の東京オリンピックに向けた準備期間はあと4年間あります。それまでにできることを引き続き考えてみませんか?こちらの投稿につきましては、リオオリンピック最終日である8月21日(日)までご意見を受け付けています。
    皆様のご意見、お待ちしております。

  • logo

    2016/04/23
    こみゅっとフジサワの機能改善を行いました

    こみゅっとフジサワをご利用の皆様

    いつもこみゅっとフジサワをご利用いただき、誠にありがとうございます。藤沢市市民電子会議室運営事務局です。

    この度、ウェブサイトの機能の一部を改修しましたので、お知らせいたします。
    皆様により快適にご利用いただけるよう、以下の改修を実施いたしました。

    改修①
    facebookのシェアボタンについて、使用ページによって動作がバラバラだったものを、入力用の小ウインドウが立ち上がるよう動作を統一しました。

    改修②
    検索機能を使用した際、質問の検索結果として「回答締め切り」になっている質問を表示できるようになりました。

    改修③
    ヘッダーリンクに「質問一覧」、「ニュース」(こみゅふじニュース)を追加しました。

    改修④
    質問一覧ページ等の各質問の表示数を横4行・縦2列から横4行・縦6列に増やしました。

    アンケート等でいただいた皆様のご意見を参考にさせていただきながら、よりよいウェブサイトになるよう努めてまいります。
    今後ともこみゅっとフジサワをよろしくお願いいたします。

     

    【問合せ・連絡先】
    藤沢市市民電子会議室運営事務局
    ℡:080-5957-0679
    E-mail:f-denen@shonanfujisawa.com
    URL: http://commufuji.net/

  • |<
  • <
  • 1/2ページ
  • >
  • >|
ページTOP